交通事故治療

接骨院でこそ交通事故治療を

ほとんどの方が、接骨院で交通事故の「ケガ」や「むち打ち症」の治療を受けられること、またこれらの治療の専門分野が実は「接骨院」であることを知らないのが実情です。

交通事故の負傷でよく聞かれる、「むちうち」=「頸椎捻挫(けいついねんざ)」というのは、接骨院を営む柔道整復師の専門分野であります。

自動車事故における「頸椎捻挫(むちうち)」発生経過

ただし、接骨院だけで治療できるというわけでもなく、整形外科の医師との連携があってはじめて治療が実現するのです。それぞれの医療機関の役割、特徴をまとめましたので、ご参照ください。

↑ このページの先頭へ ← 直前のページへ移動

こばやし接骨院での治療!こんな方々にオススメです!

  • 交通事故で負ったむちうち症を本気で治したい
  • 保険会社とのやりとりも一緒にサポートしてほしい
  • ややこしい保険手続きのサポートもしてほしい
  • 交通事故治療の専門家による治療を受けたい
  • 夜遅くまでやっていて、仕事帰りに通院したい
  • 日曜日も施術してくれる院がいい
  • 来院から治療まで、待ち時間がない院がいい

「むち打ち症」は、急性期(事故2~3日以内)で適切な処置や対応をしておかないと、悪化したり、治りが遅くなったり、最悪の場合、後遺症として長期間引きずってしまうことにもなりかねません。

そうならないためにもお早めにこばやし接骨院へご相談ください。

↑ このページの先頭へ ← 直前のページへ移動

むちうち症(頸椎捻挫)の専門治療

こばやし接骨院の交通事故治療は、JRC関節稼働回復矯正などの手技や、早期に痛みを取るべく特殊電気治療、超音波療法など患者さまお一人お一人の状態や症状に合わせたオーダーメイド治療をいたします。

加えて、回復の状況に合わせ、ご自身でできる「ストレッチ」や「筋力トレーニング」などリハビリにも力を入れております。

自動車運転中に事故に遭われた方はもちろんですが、自転車に乗っているとき、歩いているときの事故、事故被害者だけでなく事故加害者の方や自損・単独事故でケガをされた方、また同乗している車が事故に遭いケガをされた方など、あらゆる事故のケースに対応しています。

患者さまお一人お一人の状態や症状、治療の経過、事故当時の状況等に合わせた、ご説明とご相談の上、オーダーメイドでの治療メニューを組み、痛みの早期消失と事故前の生活への早期復帰、傷めたところを繰り返さないような身体づくりを目指します。

↑ このページの先頭へ ← 直前のページへ移動

こばやし接骨院の交通事故への対応

  • 提携弁護士によるサポート
    • 交通事故後の保険会社とのやり取りや手続きも治療とともにサポート致しますので、もし事故に遭われてお困りの方はお気軽に当院へご相談ください。
    • 示談交渉のトラブルなどは、提携の弁護士への相談も可能です。お気軽にご相談ください。
    • ※総合病院やクリニック、整形外科からの転院、また病院などと併行して通院していただくことも可能です。
    • ※時折保険会社の方から「接骨院では治療が受けられない」と仰られる担当者もいるみたいですが、そんなことはありませんのでご安心ください。
  • 予約優先でお待たせしません
    • こばやし接骨院は、予約優先の診療を導入しております。お電話にてご予約を頂ければ、ご来院から診療までお待たせすることはありません。
  • ご妊娠中の方への施術も致します
    • 妊娠中の患者様に対する治療、施術について、一般の総合病院や整形外科、接骨院などではお腹の中の胎児の安全を最優先するために、投薬や湿布、電気治療等を行わない場合があります。
    • そのため納得がいく治療や施術を受けられず悩まれている患者さまが多くいらっしゃるのが実情です。
    • その結果、傷めた患部を放置する状態となり、症状は悪化し長期化してしまいます。
    • ただでさえ出産を控え不安な状況下の中で、痛みを伴う負傷は、精神的にも肉体的にも大きなストレスがかかり、良好な状態とは決して言えません。
    • こばやし接骨院では、母体とお腹のなかの赤ちゃんに負荷の少ない「関節稼働回復矯正」など手技による施術を中心に治療を行います。
    • 母体と赤ちゃんを大切にしつつ、できる限り早期の改善を目指していきます。

↑ このページの先頭へ ← 直前のページへ移動

交通事故被害者の方は、治療費の負担金は0円

交通事故治療の過半数を占めるのは、相手方の自賠責保険(強制保険)の補償により治療費を賄って治療を行います。その補償は人身事故による損害のみ対象となり、自分自身で加入する自動車保険(任意保険)とは違い、被害者に大きな過失があった場合でないと過失相殺されることはありません。

  • 自賠責保険とは…
    • 自賠責保険とは自動車損害賠償責任保険の略で、公共道路を走行する自動車や原付などに加入義務があります。
    • 事故で被害に遭われた方が、不自由なく最低限の補償を受けられるよう、救済目的に政府が定める保険制度です。
    • 被害者の保護が目的のため、もともとは保険契約者である加害者側が請求を行いますが、被害者側でも自賠責保険の請求が可能です。
    • 保険金請求を被害者側が行う時は、損害賠償請求といいますが、同額が補償されます。
  • 自賠責保険における補償内容
    • 治療費
      • 病院や整形外科、接骨院等での診察代、投薬費など治療に要する費用全般。
    • 交通費
      • 公共交通機関、駐車場、タクシー、ガソリン代など
    • 休業補償
      • 5,700円~最大19,000円まで。(一日につき)※自賠責保険基準により定められています。

↑ このページの先頭へ ← 直前のページへ移動

交通事故に遭ってしまったら

不幸にして交通事故に遭い、怪我をしてしまった…

何より大切なことは、早期に負傷した個所について、適切な治療を受け、完治させること。
すなわち、後遺症を残さないよう完治させることが大切です。

交通事故で負傷した個所の治療は、一般の怪我と同様に、怪我をされたご自身の意思で決められます。

次の項目より、「事故の発生」から「自賠責保険・任意保険」の適用までの流れ、また交通事故に遭われた時の注意点、最後に「こばやし接骨院」で治療する場合のご説明を順を追って解説致します。

ご不明な点は、お電話にてお問合せ下さい。

  • 事故発生
    • 加害者、被害者を問わず、負傷者がいるかを確認して下さい。
    • 負傷者がいる場合には、その状況を確認し、必要であれば直ちに119番へ通報し、救急車の出動を要請して下さい。
  • 警察への通報
    • 事故に遭われたら、その場で、必ず警察に通報して下さい。
    • 警察へ届け出をしないと、保険を使用しての治療が受けられなくなります。警察へ届け出をすることで、保険請求に必要となる書類、「交通事故証明書」が発行されます。
  • 事故見聞
    • 事故発生時、救急車で搬送された時はもちろんのこと、警察官立ち会いのもと、事故の見分中に、痛みが起きた場合などは、その旨を警察官に伝え、人身事故扱いとしてもらいましょう。
    • 事故見聞が終わった後で、痛みが起きた場合も、「物損事故扱い」から「人身事故扱い」への変更は可能です。この場合、事故発生時に見分を行った警察署へ連絡をして下さい。
  • 保険会社への連絡
    • 加害者、被害者を問わず、ご自身が乗っていた車両が加入している保険会社へ連絡をして下さい。
    • ご自身が運転されて事故が発生した場合でも、搭乗者傷害保険をかけている場合、保険金の請求をすることができます。
    • また、相手側の保険会社にも連絡をして下さい。救急搬送等で搬送された病院や、その他、治療先の病院への通院など、伝えて下さい。

↑ このページの先頭へ ← 直前のページへ移動

交通事故に遭った場合の注意点

  • 事故現場で損害賠償の話合いはしないこと
    • 示談所や念書といった書類は、絶対に書かないようにしましょう。
    • 交通事故示談交渉は、治療が完了し、交通事故にかかった費用全体がはっきりしてから、保険会社を通して行いましょう。
  • 事故直後には、なるべく病院へ行きましょう
    • 交通事故の直後は、かなりの興奮状態にあり、痛みを感じないことがあります。
    • 念の為、病院に行き、精密な検査を受けることをお勧めします。
  • 警察と保険会社への連絡を必ずすること
    • 警察への届け出は、義務とされています。また警察への届け出がないと、保険請求時に必要な交通事故証明書が発行されません。
    • 加えて、保険を使用しての治療を受ける場合には、事故後速やかに、人身事故の手続きをする必要があります。
    • また保険会社に連絡をしないと、保険の補償を受けられなくなることもあるので、必ず連絡をしましょう。
  • 相手の氏名、連絡先、車両登録番号(ナンバー)を確認しましょう
    • 交通事故の相手の方の氏名、電話番号、住所、勤務先などの情報を聞きましょう。名刺があれば、もらうのも良いでしょう。
    • 交通事故の相手側の免許証、自賠責保険証、任意保険証の提示してもらうことも忘れずにしましょう。
    • またカメラ付き携帯電話をお持ちであれば、上記のものと合わせ、車両ナンバーや事故の現場、破損したものの写真を撮っておくと確実です。
  • 交通費等の記録は、きちんと保管しましょう
    • 通院治療の為にかかった電車賃やバス代の記録、またタクシーの場合、領収書を必ずもらい、大切に保管しましょう。後で、保険会社へ請求ができます。

↑ このページの先頭へ ← 直前のページへ移動

こばやし接骨院で交通事故の治療を受けるには…

  • 保険適用時の治療費について
    • こばやし接骨院では、交通事故により負った怪我の治療に各種保険(自賠責保険・その他任意保険)を適用することができます。
    • 保険適用時には、治療費の患者様の負担額は0円となります。
  • 診断証明書について
    • こばやし接骨院では、事故による痛み等について、『診断証明書』を発行することができます。
    • これを提出することにより、人身事故としての取り扱いになります。
  • 治療先の変更について
    • 救急搬送等で、搬送された病院について診察、治療をされていた場合でも、途中からこばやし接骨院へ治療先を変更することができます。
    • 病院とこばやし接骨院を併用して治療を受けることも可能です。ただし、この場合、一日のうちに2ヶ所に受診することはできません、具体的には病院にかかった日に当院での治療を受けることができませんので、ご了承ください。
    • 治療先を変更したり、追加する場合、担当の医師にご相談して下さい。
    • こばやし接骨院では、ご希望があれば、近隣の整形外科をご紹介することも可能です。
  • 保険会社との連携について
    • こばやし接骨院で治療を開始した場合、当院にて保険会社と連絡を取り合い、経過報告を行います。治療中、保険会社との連絡は、お任せ下さい。
  • 実治療について

↑ このページの先頭へ ← 直前のページへ移動

こばやし接骨院

小金井市 こばやし接骨院 情報

所在地住所
〒184-0015 
東京都小金井市貫井北町3-6-31
交通
新小金井街道、北大通り/サレジオ通り交差点角
院長
小林 浩樹 (こばやし ひろき)
TEL
042-312-4779

↑ このページの先頭へ ← 直前のページへ移動